ISHII

多岐にわたる分野で経験・知見を注ぎ込み、アイデアをカタチに!製品完成への大きな足掛かりに。

電子機器の設計における技術面のとりまとめに加え、世界各国の規格認証をサポート。これまで培った技術とアイデアを「カタチ」にし、製品完成へ大きく貢献しました。

武田 正吾Shogo Takeda

WHY Dmet?

「やりたいことだけやればいい。それを会社の利益につなげればいい」。この言葉に象徴されるように、社内の風通しが良く、やりたいことに集中して取り組める点に惹かれました。業務上、電子部品を取り扱うことが多いのですが、すぐに試作し評価できる環境も整っていて、「ものづくり」を自由に行える環境が充実している点も魅力的でしたね。新しいことにチャレンジする中で「失敗を恐れず、チームで成功へ向かっていく」風土が根付いているので、切磋琢磨しながら、お互いを認め合いフォローし合える仲間もいます。先端技術に触れる機会も多いので、会社の未来だけでなく、自分の未来に大きくプラスになる環境が整っています。

MY WORKS

電子機器の回路設計・機械設計など技術面のとりまとめに加え、世界各国の規格認証のサポートをしています。具体的には、製品仕様に合わせた部品の選定から評価。それらを用いた回路図の作成、回路図を基にした基板の設計、製品のデザインに基づいた筐体の機械設計を行っています。さらに各国の電波法やRoHS(電子・電気機器における特定有害物質の使用制限)に代表される鉛やカドミウムなど環境・化学物質規制への対応も私の業務領域です。また、担当業務以外でも、職場の皆が心地よく働けるような環境を整えることも大切にしています。

HARDSHIP AND REWARDING

業務にはやはり時間の制約がつきもの。時間制限により十分な成果が上げられなかったことも当然あって、悔しい想いを何度も経験しました。ただし、失敗をそのままにしておくだけでは成長できません。“失敗は成功の素”という言葉通り、何においても「より高い成果を出すためにはどこを改善するべきか」と考え、試行錯誤しながら仕事に取り組むことを大切にしています。これからもすべての仕事に対して改善点とやりがいを見出せるように、目の前の一つひとつの仕事に対して全力で取り組んでいきます!

MY FUTURE

「自分の想像する世界一」と「実際の世界一」との間にあるギャップを埋め、グローバルな基準で評価される技術を確立することを目標に取り組んでいます。現状に満足せず、常に貪欲に高みを目指すのが私のモットー。日々、前進し続ける姿勢を持つことが、自分と会社の利益につながると信じています。その一つひとつの小さな積み重ねが、将来的に自分のスタンダードを引き上げることにもつながり、おぼろげだった「世界」を明確に具現化していくことに繋がると信じています。

ENTRY

Copyright (C) 2017 DmetHoldings Corp. All Rights Reserved.