採用情報



RECRUIT

"流行を創る"ブランドを1から
育て上げる喜びと可能性

石原 愛子  Aiko Ishihara
UNOde50 ウノ・デ・シンクエンタ

会社の魅力 自分新たなものを発信できる。
これまでのキャリア 2017年入社。
高校時代は都市工学を学び、自らで想像する喜びを求め甲南大学で社会学を学ぶ道を選択。就職活動中にdmet Holdingsと出会いUnode50の新たなブランドを作り上げる喜びや、発信する楽しみに惹かれ入社を決断。
趣味 海外旅行
”流行を創る”その可能性と楽しみ

私は元から自分で何かを生み出す仕事に就きたいと考えていました。そう考えている中での就職活動の最中で会ったのがDmet Holdings、ひいてはUnode50です。そこで、Unode50を担当する井土さんから店舗の魅力、そしてその可能性を聞かせていただき、入社を決意しました。まだ、Unode50の知名度は低いです。しかし、だからこそ広める喜び、将来日本でポピュラーなブランドになった際の達成感を秘めてると感じました。”自らで流行を生み出す”それが私がUnode50を選んだ理由であり、今達成したい目標でもあります。

学生時代から店長に抜擢。必ず成功させるという気概。

入社が決まった後、勉強の意味でもUnode50にて内定者インターンをスタートしました。京都大丸店にて3ヶ月働いていた頃、神戸に新規出店することが決まりました。自らの力を試したい、見聞を広めたい、その思いから店長への推薦を受けさせていただきました。他のブランドと違い、Unode50は日本ではまだ基盤がありません。だからこそ、毎日変化があり、ブランドを育てる喜びがあると思います。

  • 就活生への
    メッセージ
  • 私はやりたいことと聞かれた時に漠然としたイメージしか持てていませんでした。だからこそ、与えられた仕事を最大限行うことで見つけていこうと考えていました。会社を選ぶ上で、自分が最大限行う価値があると感じる仕事。そのような見方もあってもいいと思います。この会社は挑戦を受け入れてくれる環境、何かしてあげたいと思える良い人たち、全力をかけてやりぬく理由が揃っています。ご縁があれば皆様にお会い出来ることを楽しみにしています。