自然野菜農場



Full circle vege farms

自然野菜農場
兵庫県丹波市にて農場を運営
自然栽培農法
全国でも珍しい自然栽培による豆の生産に着手
農地の再生
地元農業法人と連携し、丹波の耕作放棄地の再生に貢献

自然栽培とは、化学肥料や農薬を使わず、なおかつ動物性有機肥料や堆肥も使わない栽培方法を指します。作物自体の力を最大限に活かし、本来の味や旨味を引き出す栽培方法として注目されています。

拠点を構える兵庫県丹波市は高齢化に伴い、多くの耕作放棄地が存在しています。自然野菜農場ではそのような土地を借り、農地として再生させています。

阪神メタリックス 井上忍

口に入れるものだからこそ本当の安心を

自然栽培で生み出す野菜は大きな可能性を秘めています。一つの事例ですが、普通の麦茶を全く受け付けない赤ちゃんが自然栽培による麦のお茶は飲むことができたことがありました。赤ちゃんは特に敏感なのかもしれませんが、添加物や農薬による私たちの体へのダメージは徐々に蓄積しています。自然栽培は、農薬や化学肥料を使わず、あくまで野菜本来の力を活かす形で作物を育てています。もちろん、病気や天候の変化に弱く、栽培には強い忍耐が求められます。しかし、そうして育てた野菜は本来の甘みや旨味だけでなく体の働きを高めます。未だ、手法が確立されていない自然栽培を私たちは手探りで切り拓いています。

定年後に動き出した農業という夢

定年を間近に迎えた頃、元々阪神メタリックスに勤めていた私に事業責任者の声がかかりました。農業自体に関心があったこともあり、始めてみるとその楽しさにのめり込んで行きました。今、農業をやってみたいというUターン、Iターン就職者は増えています。しかし、その多くは1、2年で帰ってしまいます。理由は様々ですが、最大の理由としては収益が上がりにくく、生活が成り立ちにくい実情があります。私の今の夢、挑戦していることは、農業で生活が成り立つ仕組みを生み出すことです。自分が実際に行うことで見えてきた農業のリアルを解決するまでは、私はこの仕事を続けていくつもりです。卸し先とのパイプを作り上げ、個人で賄いきれない供給体制を集団で補いあう体制を生み出す。そうして、多くの人が農業で生活を成り立たせる環境をこの事業で作り上げたいと考えています。