優秀な人材ほど早く辞めていくのを防ぐためには?退職を防ぎ、長く働いてもらうために必要な職場環境について

人材と人財

仕事ができて上司の信頼も厚い、周囲の人から一目置かれるような優秀な人材。

そういう人ほどキャリアアップを求めて突然退職してしまいます。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000074057.html

日本労働調査組合によると、35%もの割合で退職・転職を検討しながら働いています。

このデータを見ると、優秀な人材にいつ退職されても不思議ではありません。

優秀な人材に長く働いてもらうには、また育てるための環境づくりについてご紹介します!

優秀な人材にふさわしい社内環境

評価や待遇は適正か

自分の働きに対して見合った給与が支払われているのかも重要になります。

せっかく良い成績を出しても、それに対する昇進や裁量権に繋がっていなければ、仕事に対するモチベーションは低下し退職に繋がります。

他にも、給与が上がらないのに、仕事が出来ない人のフォローが増えたり、自分のノルマだけがキツくなるといった環境もよくありません

ストレスになる人間関係

人間関係でストレスを感じ、仕事を辞めるきっかけになる場合もあります。

上司と性格が合わず、意思疎通ができないために良いアウトプットができない。ひどい場合は、パワハラやセクハラといったハラスメントの問題に発展していく場合もあります。

よくあるのが仕事に関係のない飲み会が多く、誘いを断りづらい場合です。優秀な人材は、無駄な時間を少なくし、スキルアップの時間に使いたいと思うでしょう。

そのような職場内では優秀な人材は退職を選択することになるでしょう。

優秀な人材に苦痛な社内判断

非合理な業務はNG

なによりもまず、優秀な人材は合理的な判断、決断がなされる会社を好みます。逆に理不尽な決定や、説明のつかない業務を行うことを敬遠する傾向にあります。

なぜ優秀な人材は合理的な判断を好むのでしょうか?

求められた結果を出す、パフォーマンスが高い優秀な人材は、俯瞰的な視点を持ちながら、最短で結果を出すにはどうしたらいいかを考え、パフォーマンスを最大限発揮することを追求します。

したがって、結果を出すためには合理的な判断を行うことが当たり前であり、不合理かつ説明のつかない業務を行うことを嫌います。このようなことが頻繁に起きる組織では優秀な人材は定着していきません。

職場離れの原因は根性論?

気合や根性といった込み上げてくる熱い思いを全否定するわけではありません。優秀な人材でも結果を出すためには必要だということを認識しています。

ただし、そこに至るまでのプロセスに最初から根性論ばかりを持ち出されてもついてきません。なぜその方法が最適なのか、納得を得ることでその後の業務に集中力を発揮し、コミットできるようになります。理不尽で説明のつかないことが横行していないか、自社を振り返ってみるとそのような慣習が残っているかもしれません。

優秀な人材には適切な裁量を

年功序列が成長にフタをする

年次が一つ上なだけで実力もないのに偉そうにし、先輩風を吹かせている人はいませんでしょうか。実力ではなく、先輩だから、上司だからという理由で優秀な人材の能力を活かしきれていない組織が多々存在します。

そうした組織では優秀な人材の能力が活かされませんし、モチベーションを失ってしまうでしょう。優秀な人材であればあるほど勝手に成長していきますし、裁量を与え、仕事をどんどん任せてみるといいでしょう。壁にぶち当たった時に初めて寄り添い、背中を押して成長を促すような環境を提供すべきです。

キャリアパスが見えない会社に

裁量のある仕事を任せ、仕事にやりがいがあれば、優秀な人材は驚くべきスピードで成長していき、あなたの会社のエースになってくれるでしょう。

そうした人材には、昇進させて部下を持たせたり、あるいは海外赴任や新規事業を担当させたりと、能力をいかんなく発揮できる環境を提供する必要があります。優秀な人材が魅力に感じるキャリアパスが社内になければ外の世界に目を向けていきます。

優秀な人材は自社に留まらずとも、他社からも評価されやすく、実力でいい条件で転職できます。キャリアパスを提示し、魅力に感じる職場作りが必要です。

優秀な人材を生み出そう

ここまで優秀な人材をつなぎ止るための職場環境や条件に触れてきましたが、それでも退職は起きるものです。

年収ランキングの上位にいる会社や、先進的なサービスを提供する超有望な会社であっても、彼らは挑戦を求め退職していきます。したがって、優秀な人材は退職するもの、と割り切った上でどうするかを考えるかが重要です。

前提として会社の制度や仕組み、この場合は職場環境や昇進条件や評価制度の明確化など、優秀な人材に限らず、社員が長く働きたいと思える環境を提供する必要があります。

すると、普通の社員だと思っていた人が成長を続け、優秀な社員になる場合もあります。これは運などではなく、会社の努力で優秀な人材を生み出せるということです。今いる普通の社員から、あなたの会社の次世代の優秀な人材を生み出すことにも注力をしましょう。

優秀な人材を採用しよう。

自社で育成が困難な場合は、採用をするということも視野にいれましょう。

そのような人材は、会社のことを深く理解したうえで、どのような役割を担えるのか、どのような働きをすれば貢献できるのかを考え入社します。そのため高いパフォーマンスを発揮するでしょう。

そのような人材を見極め逃さないためには、積極的なコミュニケーションをとり、スピーディーな対応を心がけましょう。

優秀な人材の退職を避けるには

長く働きたいと思える環境を整える(年収、福利厚生、キャリアパス)

優秀な人材が長く働く環境について触れてきました。まずは、会社として年収や福利厚生など、企業努力で改善できることはできるだけ実施し、優秀な社員が快適に活躍できる環境を整えましょう。

そして、キャリアパスを描ける環境や、やりがいのある環境を準備し、正しい評価制度を作り、理不尽や非合理な決定が行われないよう、健全な職場環境、人材教育をしてくことが重要です。

優秀な人材を生み出すサイクルを作る

それでも人材は流動していきます。環境をどれだけ整えようとも、優秀な人材は退職する場合は大いにあります。それを理解した上で、優秀な人材を生み出すサイクルを作ることも重要です。

あなたの会社で活躍できる人材とはどのような人材でしょうか。その人材はどういった能力が高いか、能力を高めるためにはどんな研修を実施すべきか、等々考えること、やるべきことは沢山あります。

優秀な人材は流量性がとても高いです。人材の流動性を理解した上で、優秀な人材をつなぎ止めることばかりに注力するのではなく、今いる会社の社員から優秀な社員を生み出していける組織作りにも注力していくことが非常に重要です。

Mierunoはこれらの課題を解決できるサービスとなっております。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力の要素が合理的に向上する仕組みを実現。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力。 この複数の要素は、個別の要素、個別のタスクと考えられがちですが実は表裏一体です。 お互いの活動や貢献、思考の深度が見えない・見ていない、そして評価につながらないという実態だとすれば正しい経営をやりづらい状況になります。 Mierunoは日報評価制度をベースとした経営支援クラウドを提供することで、これらの複数の要素が合理的に向上する仕組みを実現します。
人材と人財
Mieruno
タイトルとURLをコピーしました