数字を出し続けている優秀な社員が辞めるきっかけと原因

人材と人財

優秀な社員は会社にとって重要な人材です。

しかし、優秀な社員への対応を間違うと、肩透かしを喰らうようにいつの間にか辞めていきます。

残念ながら辞めると決めている社員を引き止めることは困難であり、優秀な社員が辞める決断をとる前の兆候が出ている段階で手を打っておく必要があります。

本記事では優秀な社員が会社を辞めるときの理由ときっかけをお伝えします。

優秀な社員が辞める兆候を感じ取ったら、できるだけ早めに手を打てるように策を練っておくことをお勧めします。

退職を考えるきっかけ

会社への物足りなさを感じている

優秀な社員は向上心があり、自ら学んでいきます。

目標数字を達成するためには目の前の壁をチームと協力し乗り越え、お客様へ価値を提供します。

会社の業績にも貢献し、お客様からの評価も高く、会社にとっても周囲のメンバーにとってもなくてはならない存在になっていきます。

しかし、優秀な社員は成長意欲が高いため、挑戦を好みよりレベルの高い目標に向かって邁進していきます。

優秀な社員は仕事への取り組み方ひとつとっても、周囲や後輩のいいお手本になりますが、会社が優秀な社員へやりがいを感じる仕事を提供し続けることができない可能性もあります。

そのような状況が訪れたときは、数字を達成しながら居心地の良さを感じ、今の会社で昇進を目指す選択肢もあれば、物足りなさを感じ会社の外に目を向ける可能性も出てきます。

それ以外の理由で会社を辞める理由もありますが、目の前の業務を簡単にこなせるようになってしまえば、仕事以外のことを考える余裕が出てくるものです。

したがって、やりがいがあり、かつ適度に高いハードルを設定し、優秀な社員が辞めようと思いを巡らす機会をできるだけ作らないようにすることが重要です。

エージェントから好条件でのオファーが来ている可能性

優秀な社員の評判は瞬く間に社外に広がっていきます。

友人や社員の口コミからでも優秀な社員の情報は転職エージェントの耳に入ります。

転職エージェントは仕事の実績と給与が割に合っていない優秀な社員に対しアプローチを仕掛け、好条件をちらつかせます。

エージェントは転職することで年収の3−4割の手数料を受け取るため、できるだけ好条件でいい会社への紹介を行うでしょう。

優秀な社員の働く理由の一つが経済的な理由であれば、エージェントの話に耳を傾け、転職活動を始めるかもしれません。

新卒で1-2社しか業務経験がない場合は、自分が転職市場でどのように評価されるか客観的に知り、転職することに気持ちが向くことも大いに考えられます。

社内でキャリアパスや待遇を提示されていない

管理職への昇進しない

結果を出していれば、それ相応の対価を期待することは自然なことです。

優秀な成績を残した、あるいは残し続けていれば優秀な社員は昇進を期待する人もいます。

また、自分より明らかに業績を上げていないにもかかわらず他の社員が昇進した場合、反発を起こす可能性もあります。

自分が管理職へ昇進しないのは適性が足りないという評価かもしれませんし、優秀な成績をあげれば良いわけではありませんが、優秀な社員へ納得感のある説明をしておくことが必要です

好業績をあげても他の社員と変わらない待遇

いくら結果を出しても、年次などで給与が決まっており、待遇が一切変わらないのであれば、その会社に在籍し続ける理由がなくなっていくものです。

仮に社員一律が素晴らしい待遇を受け、安定したホワイト企業であれば別ですが、待遇が特段良いわけでもなく、高い業績を上げても数千円、数万円しか給与が変わらなければ、不満を持つかもしれません。

優秀な社員が頑張って結果を残した際に、それに応える業績連動ボーナスの仕組みや、基準が明確な評価方法を定めておくことが重要です。

会社の将来が見えない/社員の育成環境がない

優秀な社員は会社の将来についても経営者と同じような目線を持っていることがあります。

優秀な社員は、自社が将来性がないと判断したり、社員への投資を重要視していないと感じたら、辞める可能性があります。なぜならば、向上心の高い優秀な社員は将来性のない会社にいる理由がないからです。

社員への投資を惜しまず、将来性のある事業や目標を設定し、やりがいを提供できない場合は会社を辞めるという選択肢が大きくなっていくでしょう。

将来に対する展望や社員への投資は会社からの明確なメッセージであり、そのメッセージが不明確、不安定なものであれば、外の会社に目を向けることを避けられないでしょう。

人間関係や環境への不満

会社や上司への不満

辞める兆候として、人間関係や会社への不満も大きな要因となります。日々接する上司や同僚との関係は気持ちの変化に大きな影響を与えます。

同様に、所属している会社への不満は、自分の気持ちだけでなく、生活や人生に影響を及ぼします。現状に不満を感じている場合、優秀な社員でなくても転職を考えることでしょう。

働きやすい環境、良い職場、会社の制度などに不満を感じるような態度が出たら要注意です。一番は会社や上司への不満が出ないような環境を整えることですが、簡単ではありません。

コンプライアンスや制度設計、福利厚生など、出来る限りの職場環境の改善を会社として行うことで優秀な社員の離職を防ぐ可能性を高められるかもしれません。

理不尽や非効率な業務への不満

優秀な社員は効率的に合理的に物事を進めます。

どんな環境でもベストを尽くし、できるだけ好業績を上げるよう努力しますが、理不尽や非効率な業務に我慢ができなくなり、辞めていく可能性もあります。

理不尽や非効率な業務は、優秀な頭の良い社員であれば、理解できない行動です。物事には行動に至る理由や背景がありますが、理不尽や非効率は説明がつきません。

ブラック企業にしかいられない社員や洗脳された社員であれば別ですが、優秀な社員は冷静に会社の状況を見極め、より良い職場環境を提供している会社に目を向けてしまうのは自然なことです。

優秀な社員が在籍しているうちに優秀な社員の勝ちパターンを標準化しよう

優秀な社員はどこにいっても引く手数多です。

優秀であるからこそ、多くの企業が優秀な社員を求め、声をかけてきます。

いくら今いる会社が良い環境を提供したとしても、優秀な社員はもっと良い環境を求める可能性があります。

まず会社としてできることは、数字を出し続けている社員にやりがいを提供し、キャリアパスや高待遇を提示し、より良い職場環境を作る努力を続ける必要があるでしょう。

それでも優秀な社員は辞めていってしまいます。

そうならないよう、あるいはなってもいいように社員教育を行い優秀な社員を育成し、優秀な社員と同じような行動が取れる社員を創り上げ、優秀な社員に依存しなくてもいいような仕組みを作ることが重要です。

優秀な社員をつなぎ止めることより、優秀な社員を育成するシステムや、魅力的な会社になるよう努力を続ければ、優秀な社員は会社のことを好きになり、長く働いてくれるかもしれません。

https://share.hsforms.com/1q2pDJQ_aQlmJR-q0nGH2QQc9n4z

Mierunoはこれらの課題を解決できるサービスとなっております。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力の要素が合理的に向上する仕組みを実現。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力。 この複数の要素は、個別の要素、個別のタスクと考えられがちですが実は表裏一体です。 お互いの活動や貢献、思考の深度が見えない・見ていない、そして評価につながらないという実態だとすれば正しい経営をやりづらい状況になります。 Mierunoは日報評価制度をベースとした経営支援クラウドを提供することで、これらの複数の要素が合理的に向上する仕組みを実現します。
人材と人財未分類
Mieruno

コメント

タイトルとURLをコピーしました