優秀な人が潰される職場環境とは?4つの理由と解決策

人材と人財

あなたの職場では、優秀な人が潰されずに活躍できる職場の環境作りに悩んでいませんか?

優秀な人が潰されてしまう職場環境を放っておくと、個人の可能性を潰してしまうのはもちろん、会社全体の生産性の低下にもつながりかねません。

そうならないためにも、上司は原因を把握し、適切な対応をとる必要があります。

そこで今回は、優秀な人が潰される職場環境の特徴とそうなってしまう理由や解決策について解説します。

優秀な人が潰される職場環境の特徴

まずは、優秀な人が潰されてしまう職場環境の特徴を3つご紹介します。

自分の職場にあてはまるものがないか考えながら、一つ一つ見ていきましょう。

公平に評価するシステムがなく、社内評価が上司や経営者の一存で決まる

公平な評価システムがない場合、社内評価は上司の裁量に任せられます。

その際、評価の判断において、仕事の内容より上司に気に入られているかどうかが重視されがちです。

つまり、仕事で結果を出せていなくても、上司に気に入られてさえいれば、いい評価をもらえてしまいます。

一方、優秀な人はその能力ゆえに嫉妬の対象になる場合が多く、いくら結果を出していても評価につながりにくいのです。

どれだけ頑張っても公平に評価されず、結果として給料にも反映されないと感じてしまうと、優秀な人がモチベーションを保つことは難しくなります。

管理職のマネジメント能力が低い

管理職のマネジメント能力が低いと、優秀な人はその能力を発揮できず、社内の同調圧力によって潰されてしまう可能性があります。 部下の仕事量の管理や適材適所への配置を行い、優秀な人材が仕事に打ち込める環境を作ることが管理職の役割です。

社員間のコミュニケーションが不足している

社員間のコミュニケーションが不足している職場では、優秀な人は孤立してしまいがちです。

なぜなら、優秀な人は社内に敵ができやすく、信頼して話ができる人がいないと精神的に追い詰められてしまう可能性が高いからです。

また、上司とのコミュニケーションが不足し、自分の要望や相談を切り出しにくい職場環境は、優秀な人にとって非常に働きづらい環境になります。

優秀な人が潰される理由

協調性を求められる

優秀な人が潰されてしまう1つ目の理由は、協調性を求められる職場だからです。

優秀な人は明らかに周りと仕事のペースや質が違うため、周りと同じように振る舞うことが正しいとされる職場は、優秀な人にとって大きなストレスです。

また、周りの社員も、優秀な人が身近にいて自分の評価が下がることを望まないため、足を引っ張る行動にでることもあります。

そのため、なるべく横一列になるよう協調性を求める職場では、優秀な人は潰されてしまいます。

仕事が集中してしまう

優秀な人は、仕事のスピードが速く、内容も優れているため、仕事が集中してしまいがちです。

結果として十分な休息が取れない状況が続き、心身ともに疲弊して潰れてしまう可能性があります。

仕事を断れない

優秀な人は、その実績から上司や同僚からの信頼が厚くなる傾向があります。

そして、その期待に応えるためにも任せられた仕事をすべて引き受けてしまう人も少なくありません。

また、仕事を断ることで評価が下がってしまうのではないかと不安がある場合も、仕事を断りにくくなります。

悩みを相談できる相手がいない

悩みを相談できる相手がいないと、ストレスや悩みを一人で抱え込んでしまい、ひどい場合はうつ病に発展してしまいます。

優秀な人は、自分の気持ちを分かってくれる人はいないと思っていたり、弱音をはくことで自分の評価を落としてしまうのではと不安に思ってしまう人もいます。

優秀な人を潰さないためにできること

社員にとって働きやすい職場作りができていない場合、優秀な人のなかには、潰されて体調を崩してしまったり退職を選んだりしてしまう人が出てくることが予想できます。

それでは、優秀な人を潰さないために、上司ができることを4つ見ていきましょう。

人事評価制度を見直す

1つ目は、人事評価制度の見直しです。

個人の主観的な判断に依存しない評価システムを取り入れることが1番の解決策になります。

仕事量や結果など客観的なデータに基づいた評価制度を導入することで、社員が納得できる評価を得られるようにすることが目的です。

評価とあわせて、評価の根拠や改善点が分かりやすいフィードバックを行うことを意識しましょう。

社員が成長できる機会を提供する

2つ目は、社員が成長できる機会を提供することです。

優秀な人は、常に自分をより成長させるための努力を惜しみません。

成長の機会がないと感じると、転職など次のステップに移ることを考え始めてしまいます。

そのため、レベルアップを促す講習会や資格試験の援助、よりレベルの高い仕事の割り振りを上司が意識的に行うことが大切です。

優秀であっても満足せずに努力する姿は、周りの社員に対してもよい影響を与えるでしょう。

仕事の裁量権を渡す

3つ目は、仕事の裁量権をある程度渡すことです。

優秀な人に仕事の選択を任せてしまうことで、一番いいパフォーマンスを発揮できるように自分で考えて動いてもらうことができるようになります。

もちろん、上司は放置せずに定期的なチェックを行う必要はあります。

しかし、ある程度の裁量権を渡すことで、自由度が増え、社員の仕事へのやりがいが生まれます。

こうすることで、膨大な仕事量に追われたり、周囲のペースに惑わされたりして、優秀な人が潰れてしまうことを防ぎます。

コミュニケーションを通して関係性を築く

4つ目は、コミュニケーションを通して関係性を築くことです。

優秀な人は、何でも自分で解決しようとしてしまいがちなので、こまめにコミュニケーションを取り、状況を把握したり上司ができるサポートを模索したりすることが大切です。

まとめ

今回は、優秀な人が潰されてしまう職場環境についてご紹介しました。

上司は、手のかかる社員に気を取られ、優秀な人のことは見過ごしがちです。

しかし、仕事ができる人だからこそ、意識的に上司が気を付けないといけない点も多々あります。

そして優秀な人の能力が発揮されやすい環境を整えることは、会社全体の利益にもつながります。

ぜひ、記事の内容を活かして、優秀な人が潰されない職場環境づくりを進めていきましょう。

https://share.hsforms.com/1q2pDJQ_aQlmJR-q0nGH2QQc9n4z

Mierunoはこれらの課題を解決できるサービスとなっております。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力の要素が合理的に向上する仕組みを実現。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力。 この複数の要素は、個別の要素、個別のタスクと考えられがちですが実は表裏一体です。 お互いの活動や貢献、思考の深度が見えない・見ていない、そして評価につながらないという実態だとすれば正しい経営をやりづらい状況になります。 Mierunoは日報評価制度をベースとした経営支援クラウドを提供することで、これらの複数の要素が合理的に向上する仕組みを実現します。
人材と人財組織論
Mieruno

コメント

タイトルとURLをコピーしました