360度評価とは?メリット・デメリットから、導入方法を事例を交えて解説

人事評価制度

評価制度は数ある人事制度の中でも、中心となる重要な制度です。社員を正しく客観的に評価することで、士気や成長意欲を刺激することができます。

また、社員本人にとっても納得度が高い評価は会社への定着率上昇にもつながります。そんな重要な評価制度の中でも客観性の高さから注目されているのが360度評価です。

ここでは360度評価について、メリット・デメリットから導入方法まで事例を交えて解決します。

1. 360度評価とは?

360度評価とは何か?

360度評価とは、被評価者に対して、上司だけではなく、部下や同僚など、多方面から評価をする制度です。

これまで一般的であった上司1人からの評価に比べ、客観性が高く公平な評価を受けられやすい特徴があり、被評価者の納得度が高くなりやすい傾向があります。

360度評価導入の目的

企業が360度評価を導入する目的は大きく2つあります。

  • 公平性・客観性の高い評価を行うため
  • 社員のエンゲージメントの向上を図るため。

それぞれ解説していきましょう。

公平性・客観性の高い評価を行うため

従来の上司1人からの評価では、上司の主観に左右されてしまい、公平性・客観性に乏しい、という課題がありました。この課題を解決するため、360度評価を導入する場合があります。

360度評価は、多様な立場の人から評価を受けることで、被評価者に関する評価の公平性・客観性を実現します。

社員のエンゲージメントの向上を図るため

もう1つの目的は、社員のエンゲージメント向上です。公平性・客観性が高い評価を得られることで、評価に関する納得度が高まります。

自身が正当に評価されていると実感できることで、会社へのエンゲージメントの向上が見込めます。

また、評価者として他者の評価に関与することができるため、会社の一員としての自覚を持つことにもつながります。

2. 360度評価のメリット

360度評価のメリットは3つあります。

  • 客観性・公平性が高く、評価に納得しやすい
  • 当事者意識が高まる
  • コミュニケーションやお互いの理解のきっかけになる

それぞれ解説していきます。

客観性・公平性が高く、評価に納得しやすい

従来の1人の上司からの評価では、誰から受けるかによって、大きく評価が左右されてしまいました。

しかし、360度評価の場合は複数人から評価を集めることで偏りが避けられます。そのため、被評価者からみても客観的で納得できる評価を受けることができるのです。

当事者意識が高まる

これまで、評価される立場だった人が評価をする立場にもなるため、会社の一員としての当事者意識を高めることができます。

自分のつけた評価が、人事戦略や経営戦略にも影響するという意識を持つことで、エンゲージメント向上も期待できます。

コミュニケーションやお互いの理解のきっかけになる

また、評価する立場になることで、これまでと違った視点で評価する人について考えることができ、無意識で気がつけていなかった長所、流していたけど会社全体としては良くない短所、主義や思想についても理解を深めることができ、お互いの理解が進みます。

結果として、フラットな組織づくりも実現していきます。

3. 360度評価のデメリット

360度評価のデメリットは3つあります。

  • 厳しい指導を控えるようになる可能性がある。
  • 社員同士で高い評価をつける可能性がある。
  • 評価者が未熟で、適正な評価をつけられない可能性がある。

それぞれ解説していきます。

厳しい指導を控えるようになる可能性がある

これまで上司は部下から評価を受ける事はありませんでした。しかし、部下からも評価を受けるため、部下からの評価を上げることを目的に厳しい指導を控えるようになる可能性があります。

社員同士で高い評価をつける可能性がある

高い評価を得るために、社員同士で高い評価をつけあう可能性があります。起きてしまった場合、評価が意味をなさなくなるため、未然に防ぐためにも360度評価の目的を説明し、理解を求めましょう。

評価者が未熟で、適正な評価をつけられない可能性がある

360度評価を行う場合、新卒1年目から評価者になることになります。しかし、人を評価することができる能力が十分にない可能性が高く、好き嫌いで評価をしてしまう可能性もあります。

質の低い評価にならないためにも、評価実施前には特に若手社員を対象に評価に関する教育を行いましょう。

4. 360度評価の導入のポイント

導入時のポイントは3つあります。

  • 360度評価制度導入の目的を明確にする。
  • 評価を何に活用するか明確にする。
  • 導入目的と評価の活用方法について、全社員に周知する。

それぞれ解説していきます。

360度評価制度導入の目的を明確にする

何のために導入し、どういう結果を求めるのかを明確にしましょう。目的が明確でない場合、評価項目が決められなかったり、社員の理解を得られない場合があります。

評価を何に活用するか明確にする

評価をどのように活用するのかを明確にしましょう。昇給や昇進のための参考データとして使用するのか、それとも昇給に直結するのか、または組織運営上の参考データになるのか、何に活用するかによって評価項目や評価頻度も変わります。

導入目的と評価の活用方法について、全社員に周知する

明確になった目的と活用方法を全社員に周知し、理解を求めることが重要です。新卒社員に至るまで、浸透させましょう。そうすることで、デメリットの発生を予防することができます。

また、社員にとって何がメリットなのかも伝えるとよいでしょう。メリットがないのに、評価を強要すると、評価が適当になる恐れがあります。360度評価を正しく運用し、効果的な評価データを取得するために、周知には力を入れましょう。

5. 360度評価の作成ポイント

続いて、評価項目を決める上でのポイントです。

  • 成果のみではなく、過程を評価する項目を入れる
  • 階層ごとに求める人物像から定義する

2つのポイントを解説した後、具体的な評価項目の例も紹介します。

成果のみではなく、過程を評価する項目を入れる

普段の業務に対する姿勢やプロジェクトへの貢献など、最終的な成果だけではなく、過程を評価する項目を組み込みましょう。

会社のMVVを取り込み、階層ごとに求める人物像から定義する

MVVとはMission、Vision、Valueです。会社が大切にする行動規範などを組み込むことで、企業文化の醸成に繋がります。

また、階層ごとに求める人物像から項目を決めることで、育成効果を期待できます。

評価項目の例

いくつか評価項目の例を紹介します。評価項目数としては可能な限り、少なく評価の負担が減るようにするとよいでしょう。また、数値で評価を取得できると、評価データの活用がしやすくなるためおすすめです。

  • 責任感を持って、仕事に取り組んでいる。
  • 企業理念や行動規範を体現した、行動がとれている。
  • 専門知識を深め、活用してチームに貢献できている。
  • 部下の特性を把握し、適切にマネジメントができている。
  • 経営戦略を理解し、自組織の役割に落とし込み組織運営ができている。

6. 導入事例

実際に企業は360度評価をどのように活用しているのでしょうか。最後に導入事例を紹介します。

事例1:アイリスオーヤマ株式会社

アルバイトを含む全社員を対象に360度評価を導入しています。評価項目は、幹部社員とそれ以外で分けられており、全12項目から構成され、各項目6段階で評価しています。

「周囲からどう評価されているかを知ることができ、気づきを得られる」「自分の強み・弱みを受けいれられるようになる」という効果を得ているそうです。

事例2:株式会社メルカリ

「mertip(メルチップ)」と題して、リアルタイムでピアボーナスが贈りあえる360度評価制度が導入されています。ピアボーナスとは社員同士で少額な報酬を贈りあうことのできる制度のことです。「もっと気軽に、賞賛しあえる会社になること」を目的としています。

リアルタイムで贈りあうことができるため、日々の行動に対する評価が見える化されます。

事例3:ゴールドマン・サックス証券株式会社

幅広い社員からのフィードバックを評価に取り入れるシステムとして360度評価を導入しています。

資質の高い個人が、お互いの意見や知識を尊重しあうことにより、持てる能力を最大限に発揮できる、という考えのもと運用されています。

360度評価を活用して、長所や改善点を多面的に理解した上で、長所の強化及び改善点への取り組みに対し、具体的に目標設定を行います。これによって、年間を通じて継続的なフィードバックやコーチングを受けることができ、社員育成に繋がっています。

7. 日報を活用した360度評価

弊社が提供しているMierunoを活用すれば、日々の日報で360度評価を取り入れることが可能です。

一般的な日報では、内容の質が低くなっていくため、誰も読まなくなり投稿もされなくなるという課題に落ち入りやすいです。

しかし、Mierunoでは日報で評価をする仕組みを活用し、社員の書く動機や継続する動機を刺激します。日々の日報を全員で評価をするため360度評価としても利用が可能です。

さらに、日報は人事評価に役立つだけではなく、ノウハウ、知見、情報を生かした横の連携をうむことで、ビジョン浸透と結束に繋がり社内文化の変革を後押しします。

8. まとめ

360度評価は客観性・公平性が高い、というメリットがありますが、導入時に丁寧に制度設計を行わなければ、失敗に終わってしまうリスクが高い制度でもあります。

メリット・デメリットを把握し、解決すべき課題を把握し目的を明確化した上で、360度評価制度を導入しましょう。

Mierunoはこれらの課題を解決できるサービスとなっております。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力の要素が合理的に向上する仕組みを実現。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力。 この複数の要素は、個別の要素、個別のタスクと考えられがちですが実は表裏一体です。 お互いの活動や貢献、思考の深度が見えない・見ていない、そして評価につながらないという実態だとすれば正しい経営をやりづらい状況になります。 Mierunoは日報評価制度をベースとした経営支援クラウドを提供することで、これらの複数の要素が合理的に向上する仕組みを実現します。
人事評価制度
Mieruno

コメント

タイトルとURLをコピーしました