2:6:2の法則はマネジメントに活かせる!組織を強くするための方法とは?

組織論

企業という組織づくりにおいて必ず知っておきたい法則が2:6:2の法則です。

2:6:2の法則とは何なのか。どのような人材が当てはまるのか。を知っておくことで強い組織づくりに活かすことができます。

今回は2:6:2の法則を活かす方法をご紹介します。

1.2:6:2の法則とは

2:6:2の法則とは企業などの組織や集団の中では優秀な人、良く働く人が2割、普通の人が6割、能力が劣っている人、働かない人が2割になるという法則のことです。別名「働きアリの法則」とも呼ばれ人間の集団生活だけでなくアリの集団生活にもみられます。

2:6:2の法則をマネジメントに活かすためには下位層の20%がいなくなればいいと思う経営者もいるかもしれません。

しかし、下位層が居なくなっても集団である限り、同じ比率で上位層、中位層、下位層ができあがるのが2:6:2の法則の特徴です。

強い組織づくりに2:6:2の法則を活かすためには、各グループの特性を理解して働きかけることが大切です。

2. 2:6:2にそれぞれ当てはまる人材の特徴は?

2:6:2のそれぞれに当てはまる人の特徴を解説します。

まず上位20%にあたるよく働く優秀な人は、現状維持に満足せず常に改善意識を持って仕事に取り組む人たちです。

ただ言われたことをやるだけではなく、与えられた仕事の本質を捉え更に質の高いアウトプットを出すために思考をします。与えられた仕事の品質を向上させたり、業務を効率化させたりすることができる人材です。

次に中位60%にあたる人は、マニュアル通りの仕事はこなせるタイプの人が多いです。与えられた仕事をそれなりの納期、レベルでアウトプットする人たちが中位層と言えます。

業務に対して改善意識があったとしてもやり方がわからなかったり、気づいていたとしても実際、改善活動には取り組まなかったりするパターンが多いです。

ただ、業務を求められたレベルでは仕上げることはできるので中位層が原因で業務に支障が出ることはありません。

最後に下位20%の人の特徴です。上司からするとアウトプットの質が低く能力がない人に見えるかもしれません。しかし、中にはやる気がなく働くことが嫌な人もいますが、配属されている部署や担当業務が合わず能力を発揮できていない人たちもいます。

下位層の人たちが下位層になってしまっている理由は、各個人で違います。下位層の全員がやる気がなく能力が低いわけではない、ということは念頭に置いておきましょう。

3. 2:6:2の法則をマネジメントに生かす方法

2:6:2の法則で各グループの人材の特徴を知ったうえで、どのようにマネジメントに活かしていけばいいのでしょうか。会社の組織というのはグループで成り立っています。

どこか1つのグループの能力が上がりすぎてしまうと、下のグループの人たちの士気が低下することや、上のグループの人にだけ仕事の負荷が偏ってしまいます。

各グループの能力を底上げすることで、組織を強くしていくのが正しいアプローチの方法です。まず上位層に対しては、自分のスキルを中位や下位層に教える能力を身につけてもらうことが重要です。

上位層の中には仕事はできるが人に教えるのは苦手、という人も少なくありません。

上位層に対しては教育等のマネジメントスキルを身に着けられる研修を行いましょう。そして、中位や下位層の底上げに貢献してもらうと良いでしょう。

中位層は与えられた仕事をこなす能力はあります。そのため、少し高い目標を与え自分でどう仕事を進めたらいいのか、を考える機会を与えることが大切です。

その際、上位層からOJTを受けることで上位層のマネジメントスキルの向上にも役立ちます。

下位層に対してはまず本人の適正と担当業務のミスマッチがないかを確認します。日々の業務内容の見える化、何につまずいているのか、何故アウトプットが出ないのか、を明確にしましょう。

その上で個人の能力にあった業務の割り振りを考え、上位層や中位層からOJTを受けつつ仕事の質をボトムアップできるような働きかけが必要です。

2:6:2の法則からグループ分けをして各グループにあったアクションを取ることで組織を更に強くすることができます。

4. 組織のエンゲージメントを上げるためには

従業員1人1人が仕事にやりがいを感じ、イキイキと仕事ができると、組織のエンゲージメントは向上していきます。

そのためには2:6:2の各グループのメンバー特徴を理解して各々に適切な課題を与え、お互いが協力して仕事を進めていける環境づくりが大切です。

一部の層だけをボトムアップするのではなく上位、中位、下位すべてのグループに適切な業務指示やOJTなど協力できる環境を整えることで組織全体のボトムアップに繋がります。

5. まとめ

組織づくりにおいて重要な2:6:2の法則を知り、マネジメントに活かせると組織力は向上します。

まず、各グループの特性を知り、各個人の特性を理解した上で業務采配を決定しましょう。全員に同じ課題を与えるのではなく、2:6:2の法則に則った業務采配をすることで、組織のボトムアップに繋がります。

バリュー評価で正しい評価を実現
Mierunoでは、「目標管理での人事評価の課題」「定性評価の運用しづらい問題」「人事評価を実施した際の業務負担」といった人事評価の様々な課題解決の実現に取り組んでいます。 もし今、人事評価に課題を感じているのであれば、ぜひ一緒に改善を考えてみませんか?
組織論
Mieruno

コメント

タイトルとURLをコピーしました