ビジョンや目標の浸透度を測れていますか?ビジョンや目標がメンバーに浸透しているかを可視化

経営者のセルフチェックが可能な仕組みをつくろう

経営層の任務はビジョンを描き、健全な風土と仕組みを作ること、そして世に貢献できる機能を生み出し、メンバーが夢を実現できる舞台を築くことですが、経営層の評価としてはあくまでも業績であり、実務での確認は業績が中心になっていることが一般的です。

しかし、業績につなげるためのビジョンやその期に掲げた目標がどれほどメンバーに浸透しているかを確認していくことは必要なはずです。それらが浸透し実行されてこそ意味があるのであって、単に結果である業績を確認するだけでは目指した方向に向かっているかどうか確認が遅れる可能性があります。その期の目標は期初に発表されますが、それ以降メンバーが目にするのは個々に立てた個人目標になりがちでしょう。

時代の流れは速く、日々の実態を確認できる方が良いと考えています。会社として掲げた目標をスタンプ化し、メンバーの日報にどれだけ反映されているかを測ることで可視化しています。年初に1度聞いただけではメンバーもつい疎かになる可能性もありますが、意識の高いメンバーが日報で目標に関する内容を記述し、それに対応するスタンプが多数送られているのを目にすることで”目標を忘れていた”ということを防ぐ効果があります。

会社の目標なのですから、当然高得点のスタンプとして良いと思いますし、モチベーション維持に効果があると考えています。

このように日報はメンバーを公正に評価する側面と同時に経営者自身がセルフチェックできるツールにもなってます。ビジョンを体現するメンバーが増えることで経営者ご自身がビジョンの浸透度を実感することは、経営手法を考えるヒントになると考えています。さらに経営幹部はビジョンと目標を全社で遂行されるよう導くことが任務ですが、メンバーの日報でその浸透度を集計することで背面調査的に経営幹部の遂行力の評価が可能となっています。

経営者が直接アドバイスも可能に

経営者は直下のメンバーのみに指示を出し、命令系統をシンプルにすることはこれまで常識となってきました。

電話しかない時代には、それが合理的だったかもしれませんが、全員が同時に情報共有できるので船頭2人で混乱することも起こり得ない環境となっています。

命令系統に関係なく様々なルートで気軽に会話できる環境になることで全体が活性化します。「上司を飛ばして会話すると不都合な人がいる」「根回しが必要」といったヒエラルキーが残っていると、この変化の早い時代についていけなくなるでしょう。

また、メンバーが独自のプランを追求し、それが未踏の領域であったならアドバイスが欲しいと思う場面もあるでしょう。

その時に身近な先輩以外に経営者や幹部に気軽に聞ける環境であれば勇気づけられるはずですし、その先を追求する原動力にもなります。

MIERUNOでは経営者、幹部もスタンプやスレッドを送れますので、自然にメンバーとの距離感は縮まります。 ビジョンや目標、そして経営者に共感するほど、メンバーが自分流の道を切り拓き、挑戦を続ける可能性が増し、メンバー本人も会社も成長していくものだと考えています。

会社をもっと良くしたいあなたへ
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力の要素が合理的に向上する仕組みを実現。
情報共有・教育・評価・チーム力・経営力。 この複数の要素は、個別の要素、個別のタスクと考えられがちですが実は表裏一体です。 お互いの活動や貢献、思考の深度が見えない・見ていない、そして評価につながらないという実態だとすれば正しい経営をやりづらい状況になります。 Mierunoは日報評価制度をベースとした経営支援クラウドを提供することで、これらの複数の要素が合理的に向上する仕組みを実現します。
Mierunoについて組織論
Mieruno
タイトルとURLをコピーしました