組織論

組織論

チームワークを効果的に高める4つの方法

チームメンバーのいいところを見つけ、褒める文化を作る お互いを褒め合うことでチームが活性化 チームワークを高めるためには相手の良い部分を見つけことが有効です。相手の粗探しをしてチームワークが高まるはずがありません。良いところを...
人材と人財

会社の方針や経営理念が社員に浸透しない理由/具体的な伝え方について

「経営理念を社員に浸透させたい」 経営理念や方針等は、社員が同じ方向に進むための重要な指針です。その中で、理念の浸透に苦労されている経営者や人材育成の担当者もいらっしゃいます。しかし、社員が前向きに仕事に取り組むことを前提に...
人材と人財

「ニューノーマル時代のエンゲージメント」〜テレワークの悩み〜

突然ですが、あなたの会社はコミュニケーションがうまくいっていると感じますか? 現在もなお猛威をふるう新型コロナウイルスは、1年以上私たちの社会生活に大きな影響を及ぼし続けています。 経済的な大打撃により経営終了を余儀な...
組織論

目標管理で適切な人事評価ができない理由

ほとんどの会社が目標管理制度、能力意欲制度、業績で評価しています。 しかし長期的な経営目線で考えたとき、目標管理制度は組織を歪ませてしまいます。 目標管理制度の由来 目標管理制度はMBO(Management by Ob...
組織論

自走する組織のつくりかた

経営の形は各社各様ですが、MIERUNOと相性が良い組織かどうかは少し考える必要があるように思いますので経営の形について主観を交え少し触れてみたいと思います。 理想とする経営と実現するツール 経営者の立場では「ビジョンに基づ...
Mierunoについて

ビジョンや目標の浸透度を測れていますか?ビジョンや目標がメンバーに浸透しているかを可視化

経営者のセルフチェックが可能な仕組みをつくろう 経営層の任務はビジョンを描き、健全な風土と仕組みを作ること、そして世に貢献できる機能を生み出し、メンバーが夢を実現できる舞台を築くことですが、経営層の評価としてはあくまでも業績であり...
Mierunoについて

正しい価値観の人が評価される風土を作るには

自分が成し遂げた成功、犯してしまったミスをメンバーに伝えるか否かはその人の全体観、正義感、教育的観念などの価値観によって違います。 もしかすると自分のノウハウとして隠しておくことに価値を置く人がいるかもしれませんし、伝えることを面倒...
組織論

ティール組織の理解・導入が現状の経営環境の厳しさを打破できる理由

経済の世界的な低成長の継続、また国内では少子高齢化による人口減や技術の変化や顧客の価値観の速い変化など経営を取り巻く環境の変化に迅速に対応できずに業績が低迷している企業が少なくありません。企業を存続させ、持続的に成長し、経営目的を達成する...
タイトルとURLをコピーしました