FUJITTA

課題が山積みだった子会社へ出向。2年で黒字化へと導く

買収した鉄鋼関連の子会社へ出向。人材不足・非効率な業務・無駄な在庫など山積みだった課題に対して、根気のいる作業を一つひとつ全力で取り組み、2年後には黒字転換に成功しました。

良知 真彦Masahiko Rachi

WHY Dmet?

20代の頃はフリーターをしながらバックパッカーとしてヒッチハイクで世界中を旅していました。「将来何がやりたいのか?」と考えるものの答えが出ないまま、「やりがいのある仕事がしたい」という想いを胸に秘めながら気ままに過ごしていました。30歳を前に、さすがに本格的に仕事を探し始めましたが魅力を感じる会社はなく、「このままつまらないサラリーマンになるのか」と諦めかけた時、阪神メタリッスクの河合社長と出会いました。面接はとても楽しく、好奇心の塊のような河合社長は旅の話に興味津々。話が盛り上がる中、将来の夢や仕事に対する情熱を語り尽くし、「人生の道筋が見えた」と直感し、その場で入社を決めました。

MY WORKS

現在は本社で仕入業務を担当しており、主力製品の特殊鋼を製品メーカーに即時出荷しています。各製鋼メーカーの生産量は月に数万トン~数百万トンほどで、仮に在庫を置けば膨大な土地と施設が必要になり、コストが膨らんでしまいます。また製鋼メーカーへの注文はトン単位であり、数百キロほどの少ない量では購入できないのでユーザーのニーズと大きなギャップがありました。現在、当社は製鋼メーカーから適正な距離に拠点を点在させて製品をストックし、輸送費を抑えながらもお客様へは“必要な時に必要な量だけ”お届けするハブ機能として活躍しています。需要と供給のバランスを見極め、数ヶ月先の在庫を予測しながら最適解を求め、発注しています。

HARDSHIP AND REWARDING

当社の基本は鉄鋼素材の販売です。基本的にはお客様が鉄鋼素材を加工して部品や製品を作ります。よって、素材だけでは付加価値が低く、そういった商品にどのように付加価値をつけるのか、他社と差別化を図るためには何が必要なのかがポイントになってきます。価格や納期を頑張るのは当然ですが、もっと踏み込んで当社しか出来ないことを考え抜きました。お客様自身が気づいていない本当のニーズを掘り起こしたり、客先の機械稼働率を上げるために、当社からどのような加工を施して出荷すればよいのか加工方法を紹介するなど、本当の意味でお客様と二人三脚の関係を構築できたことが一番嬉しかったですね。

MY FUTURE

当社の営業は20代が多く、どちらかと言えば私は古株に当たります。しかし、まだまだ勉強中の身であり、より判断力・決断力を磨いていかなければなりません。まずは自分自身に納得できる成果を出すことを目標に取り組んでいるところです。仕事にはやはり苦労は付き物ですが、自分の成果が仕入先・同僚・ユーザーに感謝されることにやりがいを感じています。もちろん自分だけが良ければ良いというわけではありません。会社として次のステップへ進めるような提案ができるよう、常に広い視野を持ち、アンテナを張るようにしています。時には行き過ぎた妄想になることもありますが、考えることを止めず、日々新しいアイデアを探しています。

ENTRY

Copyright (C) 2017 DmetHoldings Corp. All Rights Reserved.